はり・きゅう専門治療院そらの東洋医学について

はり・きゅう治療内容 料金案内 お問合せ

はり・きゅう専門治療院そらの東洋医学について

1.自然治癒能力を高める

人は「病気を自らの力で治す」という、自然治癒能力を備えています。
この自然治癒能力を助け、高めることにより病気からの回復を早めさせることができます。

2.免疫力を高める

病気になる原因には、体内の不調和以外にも外界からの病邪の「外邪」というものがります。この「外邪」が体内に侵入すると様々な不調が生じてしまいます。
しかし、この外邪や体内より生じた病邪と闘ってくれるものに「生気」(「真気」ともいいます)と呼ばれるものがあります。一般的に言われる「免疫力・抵抗力」に相当します。生気が病邪に勝てば病気になりません。生気を高めることにより病気になりにくい身体を作ることができます。

3.未病医学

「何となく身体がだるい」「疲れやすい」などの症状で西洋医学を受診しても治療できないことが多いです。それは西洋医学では病名がつかなければ治療することができないからです。
しかし、東洋医学には独自の理論に基づいた治療法があるので、上記のような体調不良(未病)の状態でも治療が行えるため、「病気にならない」という「予防医学」の観点からも大いに役立つことができます。

4.病気ではなく病人をとらまえて治療を行う

西洋医学の治療は、病名がつくとその病気を局所的に治療していきます。救急医療や手術などに特に有効だと考えられます。一方、東洋医学の場合は患者さんが訴える全身の症状と状態とを総合的に判断して治療を行います。
例えば、AさんとBさんが共に腰痛であっても治療法が異なる場合もあれば、病名が全く異なるのに治療法が同じになる場合もあるのです。これは東洋医学の診断名「証」が同じであるか異なるかということになります。
腰痛でも「証」が同じでなければ治療法が異なるし、病名が全く異なっていても「証」が同じであれば治療法は同じになるということです。これが、病人をとらまえて治療を行うということです。

5.自然哲学に基づいた治療法

『陰陽論』

万物を「陰」「陽」の対立する2つの性質に大別(下の表)します。身体の状態、病気の程度も陰陽で考え治療を行っていきます。
※「陰」のイメージといえば暗いもの悪いものと考える人が多いですが、身体にとって必要ないもの悪いものではありません。

水 地 夜 下 降 外 静 ・・・
火 天 昼 上 昇 内 動 ・・・

『五行論』

五行とは「木・火・土・金・水」を指し、それぞれが特有の性質・特徴(下の表)を有し、お互いが関係、協調しあって存在しているという考え方です。
自然に存在しているものをこの5つのいずれかの性質に当てはめ、お互いの関係の中でとらえていきます。この考え方から人の感情や内臓なども5つの性質に当てはめ治療を行っていきます。

「曲直」:昇発・条達・伸びやか
「炎上」:温熱・上昇
「稼穡」:生化・受納
「従革」:粛清・変革・収斂
「潤下」:寒涼・滋潤・下行
自然哲学に基づいた治療法の図

ページのTOPへ▲